MENU

呼吸器内科

Medical

OUTPATIENT CARE呼吸器内科

次の症状がある方はお気軽にご相談ください。

  • 咳が止まらない、長引く
  • 痰が絡む、切れない
  • 息切れしやすい
  • 風邪をひきやすい、治りやすい
  • 咳で目覚める
  • 眠れない
  • 喘息と言われたことがある
  • アレルギー体質である
  • 花粉症である
  • 喫煙者、過去に喫煙経験がある

肺炎

咳や痰(たん)が出たり、「ゼーゼー」したりします。さらに頭痛、発熱、鼻水、関節痛、だるさなどの風邪と同じような症状が見られます。細菌やウィルスなどの病気を起こす微生物(病原微生物)が肺に入り感染し、肺が炎症を起こしている状態を「肺炎」と言います。 病原微生物の多くは空気と一緒に身体の中へ入ってきます。普通は人間の身体に備わっている様々な防御機能が働いてこれを排除しますが、何らかの原因で体力や抵抗力が落ち、病原微生物の感染力のほうが上回ると肺炎になります。

食欲の低下、脱水症を起こすこともあり、重症になると呼吸困難をきたすこともあります。高齢者は症状が食欲不振や元気がないなどのみの場合もあり、注意が必要です。
また、肺炎は、がん、心臓病、脳卒中に続いて、日本人の死亡原因になっている病気です。高齢者や慢性の病気を持っている方などは、とくに肺炎にかかりやすい傾向があります。予防や早めの治療が重要です。

気管支喘息

気管支喘息はアレルギーやウィルス感染など、様々な原因で気管支の炎症が慢性化し、気道が狭くなることで起こる慢性的な咳などの発作を指します。一般的に「喘息」と呼ばれている病気です。

睡眠時無呼吸症候群(SAS)

睡眠時無呼吸症候群とは睡眠中に呼吸が10秒間以上停まることが繰り返しておき、一晩7時間の睡眠で30回以上、あるいは1時間あたり5回以上無呼吸が起こるものをいいます。
この病気は、日中の眠気、熟睡感のなさなどの他、高血圧症や心臓病や脳血管疾患を悪化させます。できるだけ早く診断し、治療を始める必要があります。

* 主な症状
  • 日中の眠気
  • いびき
  • 睡眠時の無呼吸
* その他の症状
  • トイレに起きる
  • 起床時の頭痛
  • 熟睡感がない
  • 集中力の低下
  • 夜間、苦しくて目を覚ます
  • 寝相が悪い

当院では睡眠時無呼吸症候群(SAS)の簡易検査「パルスオキシメーター」を予約制で行っております。
ご自宅で小さな機械を手首に巻き睡眠の状態を測定します。検査の結果睡眠時無呼吸症候群が疑わしいと診断された場合は精密検査「終夜睡眠ポリグラフ(PSG)」を受けて頂きます。
精密検査は近隣の病院をご紹介させていただいております。
また、睡眠時無呼吸症候群と診断され方の経鼻的持続陽圧療法(CPAP)の治療も行っております。CPAP療法を始めるにあたって、保険適用の為には月に一度の受診が必要となります。
詳しくは来院時にご相談ください。

慢性閉塞性肺疾患(COPD)

従来、慢性気管支炎や肺気腫と呼ばれてきた病気の総称です。特にタバコと因果関係が強く、ほとんどの方が喫煙者か家族内に喫煙者がいらっしゃる方です。タバコによる肺障害を引き起こす程度は個人間で大きな差があり、遺伝的な要因も強いです。また、肺は一旦潰れてしまうと再生はされず、どんどん肺の損失が起こってくる為に最初は労作時に息切れから、そして徐々に安静時でも息切れが起こるようになり、酸素吸入が必要になってきます。
治療は何よりも、禁煙で進行が遅くなることが知られています。次に吸入などの気管支拡張薬で呼吸器リハビリも有効ですが進行すると、在宅酸素療法が必要となります。在宅酸素療法の治療に要する費用は保険が適応されます。自宅で酸素を吸入するためには、自宅に酸素濃縮装置や携帯用酸素ボンベを業者からレンタルをする必要があります。

当院では、呼吸器専門医が胸部X線検査と呼吸機能検査(スパイロメトリー)によりCOPDの診断、治療を行います。壊れた肺を元通りにする治療は一般的にはまだありませんが少しでも進行しないよう計画的な治療を行っております。また在宅酸素療法が必要な方の管理・指導も行っております。